2018年4月15日日曜日

イカメン、「楽しんだ 竹馬の友と ジョグ温泉 酒におぼれて 四方山話!」

おはようございます!今朝は午前6時36分のゆっくり起床。何故かと言うのが、今朝の啖呵でございます。



いつものどうでも備忘録から、
3日(火)3時55分、ジョグ3.1km、4日(水)3時20分、ジョグ4.5km、5日(木)4時18分、4.8km、

6日(金)4時34分、ジョグ6.3km、午前休を取りギブソンを東京駅に預けて、夜は、新大久保クラブボイスのOGSライブへ。久しぶりに登場したジョージのベースで何曲かセッションしたりしたのです。
そしてこの日の収穫は?

前回遊びに来てくれたいまむら瞭さんも来てくれて、たっぷり演奏も聴いてもらえたことや、瞭さんの素晴らしいオリジナルの数々にただただ感動して、アマチュアにしては曲の構成やガットギターのボサノバ奏法が半端ないな~と感じたことが飛んでも8分歩いて15分どころの騒ぎでなかったことなのです。

それは、

瞭さんから手渡された7月13日新宿文化センター小ホールでギタリスト坂元昭二さんとのフライヤー。何でもこの坂元昭二さんは、さだまさしのバッキングギタリスト、「北の国から」のギター演奏者、それからイカメンが大ファンの村下孝蔵さんなどの楽曲でのギターなどを担当されている方でありました。

そして、このフライヤーには『数十年に渡って書き継いだ二人のオリジナル曲(坂元作詞・いまむら作曲)』とありまして、、、、つまり、いまむらさんは、今も現役のプロシンガーソングライターだと初めて気づいたことなんです。

これは、もう見逃せません。帰宅後、予定表にしっかと書き込んだ次第です。




7日(土)5時20分、コレド2に日本橋では長蛇の列が出来る有名な天ぷらやの支店が出来たという金子半之助商店に相方と出かけまして、待望の絶品天丼&うどん、三越~山野楽器で級友しげのゆうこさんのCDがフューチャーされているのを確認して、木村屋で甘味を堪能し、銀座で良く当たるという1番売り場に並んでジャンボ宝くじを購入、
小ぶりに見えるが貝柱やエビなどがふんだんに
入っていて十分腹にこたえる絶品でした。
こちらはイカメンが注文した卵の天ぷらの
入ったつけそばのセット。


各テーブルに設置してあるトッピングの数々、
もちろん好きなだけ乗っけてもオーケー。イカメンはこの
温泉卵を二つも使ってやりました!



毎度登場する高校時代のクラスメイトの雄姿。
4月25日には恒例のCD発売記念ライブが渋谷
セルリアンタワー東急ホテルにあるJ'zBratで
開催されるので、その時にサインしてもらって
買うことにしました。

手前がイカメンの食べたパフェ、とんでもなく
甘くて、最後はギブアップしてしまいました。


 8日(日)4時18分、ジョグ7.5km、人生初のジャズセッションFUNK JAM sessionへ池袋にあるSomething Jazzへと乗り込みました。ドラムのA君がホストバンドの一員でしたので、チャレンジヤー精神を発揮し、人生一時が万事ージャンプと言うことで、課題曲6曲中の歌もの3曲全部を歌ってきてしまいました。とても良い経験になりました。次回は6月だそうで、勿論チャレンジすることにしました。
Feel like making loveを熱唱中、この他にもIsn't she lovely,Sunnyの
計3曲を恥じらいもなく歌い散らかして来ました。もう少し痩せなきゃと
反省しました。。。。なんのこっちゃ、、、
この日セッション参加者全員との集合写真
サックス3名キーボード2名ギター2名ベース2名
ボーカル2名、コンガ1名+ホストバンド4名主催の
副島さん総勢17名と大盛況みんな若くてイカメンが
最年長となりました。


9日(月)5時43分、10日(火)4時30分、ジョグ4.3km、11日(水)5時18分、1.8km、夜はルースターノースサイドで、Back to the 中学生を味わい、
ベースを弾くのがルースター総支配人ぶちかま四郎さん
お客様いじりの天才です。
お誘い頂いた娘ぐらい若いアキさん
ドラムを叩きながら宇多田ヒカルの
Autmaticを熱唱、、凄いです。




12日(木)6時47分、13日(金)4時32分、3.1km、14日(土)4時44分、角上魚類へ買い出し、地蛤、サザエ、ホタテ、厚切り牛タンを仕込んで、小学生時代の竹馬の友を迎えに行き、県民健康福祉村で5kmジョグからの湯の華温泉で汗を洗い流し、自宅で宴会で飲みすぎる。ジョグは月間累計41kmとなり、何とか今月は100kmに。






と言う訳で、天候芳しくない日曜のお昼時、暇にぶち任せてブログを更新してみた次第です。

いつになったら別府から湯布院の旅日記は始まるのか、それは本人にも皆目見当がつきません。いずれにせよ、音楽的に刺激をたくさん得て、竹馬の友との邂逅に幼少期の記憶を呼び覚ました2週間でした。



では、また!

2018年4月2日月曜日

イカメン、「始まった! 新しい年 度を越えて 目指す所は 快進撃!!」

おはようございます!今朝は午前4時22分起床。ほんについたるさぼり癖、前回からまたも日が開いてしまいました。数えてみれば11日年度を越えていろんな意味で、思うところのあった今日この頃。

3月は、

5年半ぶりとなるゴルフに出かけ、花粉と闘いつつ、三桁の大たたきにもはや足を洗ったものに手を染める愚を今更ながら思い知り、

ライフログという考え方に改めて共鳴共感し、自分のやってきていることや習い癖が、人にどう思われようと、みうらじゅんのフェスに川崎へ行き、自分のライフログを残す活動の一環として意味を成すことを教わり、勇気づけられた訳です。

音楽界隈では、お気に入りのミュージシャンに都合三度目の観客として、顔を出し挨拶するも、キョトンとされ、少し気落ちしつつも、期待するからいけないのさと、すべて自己満足の行動、認知されようがされまいが、、、一ファンとして遠巻きに接していればいいんだと思い直し腑に落ちる曙橋の夜を過ぎ、

そこで偶然出会った少し年上のシンガーソングライターのIさんが、まさかの新大久保はOGSのライブに来てくださりFB友達になったり、、、Iさんのガットギターと柔らかな歌声とボサノバの響きには癒されるものでした。、、、、残念ながらその日はトップバッターを仰せつかり藤丸の演奏後でしたが、、、

そして、月末には学生時代の仲間たちのワンマンライブに荻窪へ、ホーンセクションやコーラスを交え、賑々しくカッコよく気持ちの良い時間に浸る中で、自分にも何かもっと出来るかもしれないと思い直した次第。

その他には、学生時代の各界重鎮達との再会、そして何よりも、、、花見をやれるだけやってみたことも、、、

例えば、それは見頃を外しはしたものの地元の梅林公園に月半ばに出かけたり、満開のタイミングで、目黒川花見に二度も訪れたり、六本木ミッドタウンのライトアップの夜桜を満喫し、これまた地元の名所元荒川の桜堤で、大勢の花見客に紛れて、眩しい昼の陽射しと散り初めの桜にまみれながら、露天のから揚げやお好み焼きを相方と頬張ったり、頻繁にジョグする県民健康福祉村の桜回廊を潜り抜けたり、、、

そんなこんなの桜弥生月は過ぎていき、、、

新年度を、迎えたエイプリルフールの昨日、来週初チャレンジするジャズSessionの課題曲Feel like makin' loveをYouTubeで集めた色んな人たちの歌を聴きまくりながら、歌い込んでみたり、喉の調子が思いのほか良かったりしたもんだから、、

Boz scaggsのJOJO、We're all alone,SlowDancerで弾みをつけて、再三再四挑み続け矢尽き果てていたBobby CaldwellのWhat you won't do for loveに手を付けてみたら、、、

あら、不思議原曲キーで楽に歌えてしまい、、、YouTubeでカバーする人たちが実は1音下げてるんだと、、いつもと逆の事実に気付き、、、少し優越感に浸り?などとこれはやはりエイプリルフールだからと改めて思い直したというそんな気分を啖呵してみた次第。

勘違いそのままで突っ走るしかないと、、、そのための体幹を鍛えて減量を実行せねばと誓うのです。

パール大名旅行は気乗りがしたら、一気に書けると思うんで、ちょいとお待ちを、、、誰も待っちゃおられませんでしょうがね。

久々にというか、いつもながらの支離滅裂、書きなぐりの文章ですが、ここまで読んでた人がいたとしたなら、、、貴方はほんとに慈悲深い忍耐強いお方。感謝申し上げます。

では、また!



2018年3月22日木曜日

イカメン、「新しい 発見続く この頃は 新入生の ワクワク気分!」

おはようございます!今朝は3時59分起床。ワクワク感が横溢して、爆発しそうな今日この頃です。

と言うのも、今更ながら、今頃になって、、、Evernoteの凄さに気づいて、あらゆるライフログを開始したこと、Rolandのmidi A49を接続したけどうんともすんとも言わず、漸くに出力の為に必要なASIO04ALLという無料ソフトをインストールする必要があると分かってあと一歩まで辿り着いたと確信したからなのです。

とにもかくにも、人生一時が万事ージャンプをモットーのイカメンとしましては、最近の一歩前進二歩後退にもメゲルことなく突き進んでまいりたいとそう思うのであります。

それにつけても、こんな気持ちを大きく背中を押してくれたのが、同じ京都にゆかりある巨匠みうらじゅんさん。
さる3月16日金曜日に、「MJ’s Fes Since1958」が開催されていた川崎市民ミュージアムに出かけたことが原因の元?なんですな。

とにかく彼の圧倒的驚天動地な蒐集(しゅうしゅう)癖には、恐れ入り谷の鬼子母神の炒いりこだし、カツオ風味のふんどし、、、角を曲がればマルコメ味噌的な(もうなんのこっちゃですが、、、)身悶えする驚愕と至福感で、思わず私も悦び組になりた~い!とその場で叫んでしまったくらい(もちろん、心の中での話です)

小学校2年生の第1期怪獣ブームから始まり、ゴムヘビブーム、いやげもん、フィギュアならぬフィギュ和ブーム等々、数多のめくるめきマイブームの数々で、書きに書いたる原稿用紙やイラスト、スクラップアルバムの膨大な量や物品の数々、彼の6歳から始まり還暦を迎えた54年間の集大成が第1第2会場を埋め尽くす。

それは、まるでミュージアム、、、超有名人が亡くなった遺品の陳列、、、みたいなぐらいで、、、ととにかくもうすぐ閉幕するのですが、、、おそらく今後もまた開催される可能性はあるかもしれません。

約3時間近くかけても全てを堪能することは出来ませんで、会場を出た瞬間、茫然自失に疲労困憊、脱力感が一度に押し寄せてくるその奥底から、この作品群を観れたことのどこからふくかの優越感が、、、不気味な笑みとともに湧き上がるのでした。

とにかく、『これぞ、ライフログの巨大怪獣、それがみうらじゅんだ!』と確信したのです。どうか残り僅か、今度の25日日曜日が最終ですので、皆さんも一度行ってみられるがよろしいかと、、、思うのであります。

そんなこんなで、その足で、二駅先の日吉napと言う音響抜群のライブハウスで、ひらげエレキテル君の魅惑の円熟ギター&歌を堪能しに参りました。そこではまた、あおのあお君と言う青年の超高速アコギストローク奏法でゆったり歌うオリジナルに感銘を受けたという、、、丸々一日、感覚受容器がぶっ飛びそうでした。

翌日は見ごろを過ぎた近場の梅林公園に行き、その翌日は久々の10km超ジョグをするも体重はち~っとも減らず。休み明けの月曜日には、○○〇▽局長やなんちゃらかんちゃら審議官や○○会社社長など、けっこう偉くなった大学同期の同窓会へと「一献楽食とら」という隠れ家的な居酒屋で飲み明かしたんであります。

そうそう、忘れておりましたが、、、
大名旅行第二弾?第三弾はまたもう少ししてからになりそうです。

では、また!




2018年3月16日金曜日

イカメン、「ライフログ 今更ながら 思い知る エバーなノート 記憶の記録!!」

おはようございます!今朝は、午前3時10分、花粉に塗れてくしゃみしつつの起床。

今日は、曇り空ジョグに行くつもりもあるにはありましたが、そこは、ほれ花粉舞い散る戸外に出るには相当な覚悟と勇気がいるのでして。。。

それよりなにより、朝から興奮度全開、喜び組の大合唱??なんのこっちゃ。。。
とにもかくにも、
それにつけても、

タイトルコールなんですが、、五藤隆介著「たった一度の人生を記録しなさい~自分を整理・再発見するライフログ入門」を読んで、早速入門してみたのでありますな。

要は、なかなか使いこなせずにいたEvernote。
それもプレミアムで10GBなんて、どうすんねんと考えていたのですが、、、

『人生、一時がバンジー、ジャンプ』と申します故、その壁というか谷を超えてみたんですな、、、たいまい年5千数百万円、万は余計ですが、、そしてこの入門書を読み解きながら、以前からやってみたかったブログタイトル集。。実は専用ノートを買って手書きで200本目までは書き取っていたんですが、、力尽き矢が尽きまして、放置していました。

それが、Evernoteにブログの横の目次タイトルを設定したノートブックに次々とコピぺするだけ、その上適当なタグ付けをしていけば、、、いとも簡単に出来てしまったばかりか、その各タイトルをクリックすると、、、何とブログの該当ページにすぐに飛んでいけるではありませんか!

今までの苦労はなんだったのか!と思わせるだけでなく、その先の使い方まで満足させてくれました。

しかも、フェイスブックでのほぼ毎朝ジョグで、うそぶいている散文詩みたいなものも、いったんフェイスブックで保存しておいたのですが、それを朝からせっせとコピーしてEvernoteに「ライフログ(啖呵ネタ元)」のノートブックを作って、「吟遊詩」ならぬ『吟走詩』と銘打ったタグ付けをしたノートを次々と作ってみました。

これも前から何とかオリジナル曲の作詞のネタにしようと目論んでいたものですが、そしたら、あっという間に100以上のノートが出来て、しかも動画は自分のPCのハードディスクに写真と吟遊詩はセットでノートに格納しました。中には、多少の手直しをすれば十分歌詞に生まれ変われそうなものや、友達が是非メロディーをつけろと言ってくれたものまで、、、

そしてもう一つの副次的効果があると信じています。最近、FBに動画投稿を保存しすぎたせいか、新しく動画でアップしようとしても、出来なくなっていたので、、、Evernoteに移行した保存動画は全て削除したので、、、復活するのではと思うのです。

浪速友あれ阿波おこし、、、なんのこっちゃ、、、

このEvernoteをもっと活用出来ると思うのです。何せ10GBもあるのですから、思いついた言葉や写真や動画、何でもかんでもライフログとして、タグ付けして放り込んでいけば、あとからタグを辿って、思い出が蘇るんです。つまり、記憶が記録されていく。だからイカメンの猫の額ほどの海馬に短期記憶として保存する必要もなく、Evernoteがそれこそ永久的にイカメンの記憶を記録してくれるのです。。

もちろん、ハッキングされたって、中身は大したもんじゃありません。

と言うワクワクドキドキの気分を今朝は啖呵してみた次第です。


さて、、、本来なれば、パール旅行の続編を書くところでしょうが、、、

実は、今日は休みを取って、古巣の京都にある「拾得」に山下達郎のライブを観に行く筈だったのですが、、、残念ながら抽選に外れてしまいましたので、、、

もうひとつの以前から絶対行ってみたいと思っていたここへhttps://www.cinra.net/news/20171230-miurajun

出かけるのです。。マイブームやゆるキャラの生みの親というだけでなく、その一種神がかった収集癖とこだわりに、ただただ尊敬しかないイカメンより、少し兄貴なみうらじゅんさんのフェスへ!

そして、その足で友人のひらげエレキテル君の出演するライブ観戦に「日吉Nap」へ、普段なら遠くて運べない脚を、、川崎からなら15分ということなので、、、

まあ、そんなこんなで、多忙となるイカメンでして、、、パール大名旅行の続編はまた別途ということにさせて頂きます。悪しからずご了承くださいませ。。。

多分、今日のダブルヘッダー以外にも、来週の金曜日はさらに凄いところへお邪魔する予定でございます。

なんせ、あ~た、あの熱闘フォークおやじバトルの昨年のソロ部門とデュオ部門のグランプリ受賞者が登場するんですよ。これは、見逃せませんでしょう!
https://www.facebook.com/events/1753948641303119/


最後に我がIKAMENの三大ギター揃い踏み画像でごまかしてお開きです。

では、また!

左からMartinD28、Gibsonハミングバードシェリルクロウモデル、GUILDです。

2018年3月9日金曜日

イカメン、「人はみな 瞼の中の 残像を 噛みしめながら 前へと進む‼」(工事完了!3/15)

おはようございます!今朝の起床は、午前3時31分。窓を叩く雨音がかまびすしい朝です。

ところで、
「スーパーインテリジェンス~超絶AIと人類の命運」と題した700ページに及ぶ重厚な本と首っ引きで嵌り込んでいる今日この頃、著者のニック・ボストロムと言うオックスフォード大学教授はとんでもない人です。

何せ、彼は大学の学部生だった時に、心理学、物理学、哲学、数理論理学など様々な分野を勉強し過ぎて、心理学部の学部長から、これらを同時専攻するのは心理学的に不可能であるとして停学処分にされたぐらいの人なんですな。

で、現在は教授職以外に人類の未来研究所所長、戦略的人工知能研究センター所長を兼任し、物理学、計算論的神経科学、数理論理学、分析哲学を駆使して学際的で多彩な研究を展開し、人類絶滅リスクをもたらすような超知性の可能性について最先端の研究を行っているとか。。

しかもこの本はニューヨークタイムズ紙ベストセラーになり、あのイーロン・マスク、ビルゲイツ、スティーヴン・ホーキングなどに影響を与え、彼らをして、AIの開発研究は安全性の確保が至上命題と言わしめ、最近よく聞くシンギュラリティ本をはじめとする人工知能本ブームの火付け役となった書籍(2014年9月発刊)かもしれないというではありませんか!

しかも、この日本語版の出版日が2017年11月24日と言うまだ出来立てほやほやなんでして、以前の様に図書館の本のジャングルを渉猟しつつ、本と巡り合うスタイルから、近年は専らネット予約で出版年月日の新しいかつ興味の惹かれるものを中心に漁るスタイルへとパラダイムシフト(大袈裟やん!)したイカメン。

これを借りずに何を借りると言うんでしょうとばかりに借りて参りました。いや~ほんとに骨が折れるけど面白く深~い内容に、頭が破裂しそうな今日この頃。

そのほかにも同時並行で読む感動本の記事は、読書ノートからのコピペをどっかに挿入することになりそうです。

そうそう、忘れてましたがな。今朝は、、
30周年パールの大名旅行?の始まり始まり~~~と書き出した第二弾です。
これからは写真中心となりそうです。しかも、今日は途中で出勤のお時間となりそうなので、毎度ながら推敲なし誤字脱字の散らかし放題でお届けします。

と言いつつも完結する時間が。。。。解説は明日にでも先ずは写真だけで、、、

では、また!

①第二話:2月14日(水)『昇る朝陽は別府湾、満腹の旅は湯布院へ』の巻


前日のカロリー燃焼をしなければ、これからの食べ歩きに対応するには、腹を空かせるのが一番とばかりにホテルに併設されているだ~れもいないゴールドジムへ、シューズとウェアを借りてランニングマシンと自転車マシン?で汗を流しまして、、、から。。。
アクアガーデンの段々プールの上の寒風吹きすさぶ、バルコニーから浴衣と丹前姿のイカメンは、ただひたすら別府湾から昇る朝陽を眺め続けるのでした。ほ~んとにココロ洗われるとは、こういうことなんだと独り言ちたのでした。


ひとしきり朝陽を浴びたイカメンは、その後、冷え切った身体を棚湯の露天風呂と樽風呂で温めながらもさらに朝焼けを堪能して、いよいよ第二戦となるシーダパレスの朝食バイキングへと挑んだのであります。


適度に空腹を覚えたので、何としても昨夜の借りを返そうと、少量全品制覇を心掛けて、しかも今度は中央のサメやあまたの魚たちが回遊する水槽の真ん前に陣取り、戦闘を開始したのであります。



見事な和洋折衷ではありませんか?味はもちろん掛け値なしに美味いに決まっています。あとはどれだけの量を、しっかり味わいながら胃袋に流し込むか、決して朝からビールや酒なんかで胃袋のスペースの無駄遣いをすることは許されない状況なのです。というよりは、この後レンタカーで湯布院に向かうのですから、当然アルコールはご法度なんですな。

で、戦果は?と言いますと、デザートは最初から諦めていましたが、またもや満漢全席制覇?とは参りませんでした。。。





2018年3月4日日曜日

イカメン、「お待ちかね パールな旅の 振り返り 独りよがりと 人は言うなり!」

おはようございます!実に23日ぶりの投稿で書き方すら既に忘れてしまったイカメンです!けしゃは、、、もとい今朝は午前5時38分とのんびりな起床。昨日の5年5か月ぶりのゴルフの筋肉痛も全くなく、これも日ごろの鍛錬の成果と勝手に納得しております。

思えばはるか前回の投稿は2月9日、あれは寒さ厳しく重ね着をする如月、そして今はもういよいよ草木が芽吹き生い茂る弥生の雛祭の翌日。随分、さぼり癖がついたもんです。

いつものようなどうでも振り返りを始めようかと思います。

別に今回借りた五藤隆介著「たった一度の人生を記録しなさい~自分を整理・再発見するライフログ入門」に触発された訳ではなく、

1997年からアイデアマラソンに惹かれ、始めた我が思索ノート、既に20年を経過して、NO73まで、その時読んだ本の雑感とか2006年頃から始まったpodcastでの情報収集と新聞購読停止、毎年図書館から150冊~200冊を借り出して、それを数年前見知ったエクセルの読書記録を作り始めて、ようやっと800冊近くまで到達、、、早く1000冊のデータベースを完成させるべく日夜健さんではなく研鑚を続け、、

その為に、
良い子の大人の寝る時間と銘打って、ほぼほぼ毎日午後9時半~10時前後に床入りし、トイレで目覚める午前3時前後~5時のレム睡眠のタイミングで起床すると言う生活習慣を頑なに守り続けてはや21年。

振り返る事の大切さは、3年、5年日誌などで2000年から開始して、日々実感。
このブログだって2010年12月12日から始めて8年目。
なので、五藤君の言うことなんて、とっくの昔にこのイカメンじじいはやってきたから合点承知の助と思いつつ読んでいるぐらい。

てな、とんでも前口上を踏まえまして、、昨日のゴルフで大学の同期に言われた大名旅行の一部始終をふんだんの写真を元に振り返ってまいりたいと思うのであります。
(この辺で、疲れた人は退出頂きますようにお祈り申し上げます!多分今日一日では語り尽くせないので、続編形式を勝手に想定予定しております。あしからず!!!!)

さあ、どうでい、と言う訳でこれも全て自分のライフログでございまする。

2月10日4時18分、オートバックスで360度ドライブレコーダー購入。11日3時43分、わが庭レイクタウンへ、確定申告作業を完了。12日4時19分、DRを取り付け、13日5時04分、いよいよパール記念旅行のスタート、14日5時04分、杉乃井ホテルで露天風呂から海より昇る朝陽を拝み、

15日5時15分、料理宿ZENで由布岳を眺めながら朝露天風呂、16日5時30分、メリージュ延岡で目覚め、17日6時05分、シェラトン・オーシャン・リゾート~宮崎で水平線から昇る狭霧や?朝陽に目覚め、18日5時20分、とある秘密の場所に出かけ100万以上にたじろぎ撤退、19日4時06分、コストコ、5年ぶりのトリカゴにて2回目の練習でアプローチに四苦八苦し、

20日4時40分、21日3時36分、22日4時23分、23日3時47分、24日3時36分、川口にあるトリカゴで3回目の練習で身体が覚えていたドライバーの飛距離に少し胸を撫で下ろし、

25日4時06分、我が庭レイクタウンアウトレットで、あんまりにも恥ずかしい皮が剥がれて禿禿のゴルフシューズ(これを履いていかずに良かった。理由は後程カッコの中で、、)を買い替えるべく超特価でゲットして、26日4時44分、

27日5時19分、前日夜、昨年寸でのところで邪悪な毒牙から救ってくださった3つほど年上のリーさんのライブにお誘いがあり、袖振り合うも他生の縁という諺にもありますように二度目いや三度目となる下北沢へ。そこにあるライブ居酒屋「ラウン」というところへ、NEW STANDARDと言うコンセプトバンドで、素敵な演奏とリーさんのハイトーンで抜群の歌唱に大いに心を震わせ勉強させてもらい。。。

28日6時50分、さいたまゴルフクラブにバッグを宅急便したら、往復で割引100円で3,328円も取られ、驚愕のあまり片目が飛び出して両手で受け止めるぐらいになり、

車で行った方がいいか大いに悩み、、、その後、同期の3人が車で来ていて、彼らの乗る車を見て、辞めておいたことが大正解と思い知る。

(なんたって、あ~た、カッコいいBMWのワゴンに、個人的に憧れのFUGAに、呆れるばかりのベンツCクラスの新車でっせ、、オッデセイ如きが何言うかみたいな(;^_^A)

3月1日4時19分、2日3時21分、3日4時44分、運命の5年5か月ぶりの花粉大いに舞い散るゴルフへ。全員が、花粉症で、久しぶりに会うもマスクとメガネで誰だか分からない2人と、新兵器の花に詰め物をして花粉を防ぐも口呼吸しかできないもう1人と、マスクをもらったイカメンのとっても不思議なパーティで、嬉し恥ずかし楽し悲し的なゴルフをやって参りました。

出だしの2ホールこそ6年ぶりのブランクを感じさせない、ボギーペースで、3人からは保険のかけ過ぎだと揶揄されながらも、3ホール目は見事にそのどうしようもない成果を見せつけて、たった一度のパーも取れずに、、終わってみれば、57・57の114、初めから期待もしてなかったけど一抹の昔取った杵柄の自信も、まさに「こなごな」となり、いくらトータル「いいよ」でも、足を洗った119番より少しだけましだったというぐらいで、、、楽しめるゴルフ復活には相当な時間投資が必要と痛感。何が自転車とスキーと同じで身体が覚えてるってんだい!って、はっきりと、再びゴルフ冬眠、休眠を誓った次第。

さ~て、久々に書くからネタは、それこそ寝た子を起こすぐらいあります。

30周年パールの大名旅行?の始まり始まり~~~

①第一話:2月13日(火)『別府は異国情緒あふれて満腹の巻』。
 羽田空港で早めのランチ、いよいよ大分空港に向けて出立です。呼び込みの声の大きさにつられてケバブ料理を頂きました。

   雲海広がるソラシドエアからの下界です。

大分空港でタイムズレンタカーの日産デミオに乗って、途中別府湾SAで小休止、まずは名物とり天から。

 あの有名な別府杉乃井ホテルに到着。
我々は、二番目に新しい華館に泊まりました。

それから、早速にアクアガーデンの天空プール
そして、露天風呂の棚湯にどっぷり浸かり旅の疲れを癒すのであります。










 これより、同期I君に大名旅行と言わしめた食い倒れの日々がスタートするのです。
名物楽天人気ナンバーワンの誉れ高い杉乃井ホテルのシーダパレスのディナーバイキング!このバイキングというなるものが、若老の二人(イカメンの造語)を苦しめる訳でして、

 昔行ったラスベガスのホテルの中みたいな。。。



とらふぐです!


関アジをチョイス。白いのはドライアイスです。
 大いに頑張ったのですが、食い意地の張ったイカメンは、特別料理の一品1000円に惹かれて、大分と言えば関サバ関アジ、そしてトラフグでしょ。ってな訳で。こんなものを頼んだもんだから、全種類制覇は遠のき、3分の2も食べれまへんでした。

綺麗なお姉さん二人と男性二人のバンドが席を回って、リゾート感を盛り上げます。


 地ビールです!
 フォアグラ丼も頂きました。出来るだけ全品を食べるため、一品種少量を心掛けました。

しか~し!!

デザートの頃にはもう嬉しさと苦しさに悶絶してました。



夕食後、まだまだ寒い別府の外気に触れながら浴衣に借りた防寒具を羽織って、アクアガーデンの噴水ショーを観ました。それなりに見事でした。写真では分かりずらいですけど。。




 ここからはホテルの外のイルミネーションです。


 いろんな意味でリゾートライフを満喫させてくれる杉乃井ホテルでした。そして、この後も続くのですが、2月の平日の閑散期にも関わらず。びっくりするぐらいの宿泊客でした。シーダパレスでもアクアガーデンでもホテル中が、、、異国情緒満載で、、、日本語はほとんど聞かれなかったのです。

ホテルスタッフも後から知った湯布院へ向かう途中にある立命館アジア太平洋大学があるからか、、外国のスタッフ、英語も日本語にも対応可能ということでしょうか?
でも、一番聞こえてきた会話が春節真っ盛りの中国語と平壌もとい平昌オリンピックさなかの韓国語でした。(;^_^A
噴水ショーで冷えた身体をもう一度温泉に浸かってからの  部屋のみの二杯です。

こうやって初日は明けていったのでした。

以上、第一話のお開きでございます。続きはまた別途。


では、また!

イカメン、「楽しんだ 竹馬の友と ジョグ温泉 酒におぼれて 四方山話!」

おはようございます!今朝は午前6時36分のゆっくり起床。何故かと言うのが、今朝の啖呵でございます。 いつものどうでも備忘録から、 3日(火)3時55分、ジョグ3.1km、4日(水)3時20分、ジョグ4.5km、5日(木)4時18分、4.8km、 ...